2009年11月30日

ナノテクノロジー:静かなデータ掘り起こし

未知のデータ保存方法は、多数の小型シリコンチップの「書き込み―読み出し」機能に依存します。

動的超潤滑性という概念から、能力を低下させると考えられる磨耗を避ける方法が考えられました。


### database ###
nature 461,135-304 10 September 2009 Issue no.7261
news and views p.178 / Nanotechnorogy : A gentle jackhammer / Enrico Gnecco
posted by 0≠素子 at 14:46| scientific article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

量子情報科学: Optical slice and dice

量子コンピューターと情報ネットワークには、電子計算機のランダムアクセスメモリーのように、データの蓄積と呼び出しができるメモリーが必要になると考えられています。

この目的のため、オーストラリア国立大学を中心とした研究チームが、保存した光量子情報にランダムアクセスできる、新しい形の光メモリーを作成する方法を開発しました。


複数の光パルスは、ルビジウム原子を使ったコヒーレント光メモリーに蓄積されます。

パルスは任意に呼び出し分割でき、時間的に圧縮したり、引き伸ばしたりすることも可能です。


実験ではこれまで古典光パルスが使われてきましたが、この技術は量子情報用のランダム時間アクセスメモリーの構築に応用できると考えられています。



### see dada / data bace ###
nature 461,135-304 10 September 2009 Isse no 7261
Letter p241 / Coherent optical pulse sequencer for quantum applications / M Hosseini et al.
量子情報科学:量子応用に使われるコヒーレント光パルス列

posted by 0≠素子 at 15:29| scientific article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

量子情報科学:量子応用に使われるコヒーレント光パルス列

光学素子の帯域幅と汎用性は、情報技術システムと通信ネットワークに改革をもたらしました。

光コヒーレンスを保つ光場の高密度での任意の制御は、提案されている多数のフォトニック技術の重要な必要条件です。

量子情報への応用では、光の任意の量子情報を保存し、オンデマンドに取り寄せる素子が理想的な量子光メモリーになるだろうと考えられています。


最近、電磁誘導透過、フォントンエコー分光法、非共鳴ラマン分光法などの原子量子メモリーの実現で大きな進歩が見られました。

単一光子と強い光それぞれの量子状態の保存はいずれも実証に成功しています。

本論文では、制御された可逆な不均一広がりを通して起こしたフォントンエコーを利用するコヒーレント光メモリーが紹介されています。


### see dada / data bace ###
nature 461,135-304 10 September 2009 Isse no 7261
Letter p241 / Coherent optical pulse sequencer for quantum applications / M Hosseini et al.

posted by 0≠素子 at 11:23| scientific article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

宇宙:LIGO で得られた背景重力波の上限

一般相対性理論では、加速しているあらゆる物体は電磁波に似た重力波を発生し、この重力波は、たとえば降着を起こしているブラックホールのような、極度に質量の大きい天体で観測可能なはずだと予測されています。

このような重力波の存在は、間接的には推測されてきましたが、物理学の重要な最終目標はその直接観測で、これは、アインシュタインの理論を実証し、宇宙論の新たな領域に通じる可能性がある偉業となると考えられています。

今回、重力波探査を目的とする複数の検出装置の1つ、LIGO (レザー干渉重力波検出器)の初期の観測結果から、宇宙論的起源の背景重力波の上限が導かれ、さらなる重力波探査に向けた出発点が得られました。

このデータは、比較的大きな状態方程式パラメータをもつ初期宇宙の進化モデルや、いくつかの弦理論モデルで支持されている比較的小さい張力をもつ(超)弦理論モデルを除外するものです。


### see dada / data bace ###
nature 460,925-1050 20 August 2009 Isse no 7258
Letter p.990 / An upper limit on the stochastic gravitational-wave background of cosmological origin / LIGO & Virgo
News and Views p.964 / Astrophysixs : Garavity ripples chased / Marc Kamionkowski
LIGO in the background


posted by 0≠素子 at 14:42| scientific article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月06日

Hard Science Fiction

グレッグ・イーガンの短編集並みのものなら書けるかもしれない。

祈りの海に近いものならいくらでもあるから。
posted by 0≠素子 at 11:55| dialy | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。