2009年11月13日

宇宙:LIGO で得られた背景重力波の上限

一般相対性理論では、加速しているあらゆる物体は電磁波に似た重力波を発生し、この重力波は、たとえば降着を起こしているブラックホールのような、極度に質量の大きい天体で観測可能なはずだと予測されています。

このような重力波の存在は、間接的には推測されてきましたが、物理学の重要な最終目標はその直接観測で、これは、アインシュタインの理論を実証し、宇宙論の新たな領域に通じる可能性がある偉業となると考えられています。

今回、重力波探査を目的とする複数の検出装置の1つ、LIGO (レザー干渉重力波検出器)の初期の観測結果から、宇宙論的起源の背景重力波の上限が導かれ、さらなる重力波探査に向けた出発点が得られました。

このデータは、比較的大きな状態方程式パラメータをもつ初期宇宙の進化モデルや、いくつかの弦理論モデルで支持されている比較的小さい張力をもつ(超)弦理論モデルを除外するものです。


### see dada / data bace ###
nature 460,925-1050 20 August 2009 Isse no 7258
Letter p.990 / An upper limit on the stochastic gravitational-wave background of cosmological origin / LIGO & Virgo
News and Views p.964 / Astrophysixs : Garavity ripples chased / Marc Kamionkowski
LIGO in the background


posted by 0≠素子 at 14:42| scientific article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。