2009年11月22日

量子情報科学:量子応用に使われるコヒーレント光パルス列

光学素子の帯域幅と汎用性は、情報技術システムと通信ネットワークに改革をもたらしました。

光コヒーレンスを保つ光場の高密度での任意の制御は、提案されている多数のフォトニック技術の重要な必要条件です。

量子情報への応用では、光の任意の量子情報を保存し、オンデマンドに取り寄せる素子が理想的な量子光メモリーになるだろうと考えられています。


最近、電磁誘導透過、フォントンエコー分光法、非共鳴ラマン分光法などの原子量子メモリーの実現で大きな進歩が見られました。

単一光子と強い光それぞれの量子状態の保存はいずれも実証に成功しています。

本論文では、制御された可逆な不均一広がりを通して起こしたフォントンエコーを利用するコヒーレント光メモリーが紹介されています。


### see dada / data bace ###
nature 461,135-304 10 September 2009 Isse no 7261
Letter p241 / Coherent optical pulse sequencer for quantum applications / M Hosseini et al.

posted by 0≠素子 at 11:23| scientific article | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。